Kyoko Takeuchi | Talk to myself

I'm Kyoko Takeuchi.

I received a Heart last week.

It seems to have a will in itself and I like it.

I will engrave the names of my memorable people on this Heart, and remember the time I shared with them, and keep them in my mind as a Will to myself.

"Mia, du bist meine kleine Freundin.                                                                                             

  Hanna, Lena, Petra, Kerstin   und

  Mia, du hast eine nette Familie."   3. Nov. 2020

 

Mia ist drei Jahre alt. Und sie ist im Moment meine beste Freundin.

Leider sehen wir uns nicht sehr oft, weil ich mich 100 km weiter weg gezogen bin.

Aber wenn der Frühling kommt,

werden wir wieder auf dem Zaun reiten oder planschen!

Wenn ich bei dir bin, muss ich nichts denken.

Wenn ich bei dir bin, verfolgen mich keine Sorgen, keine Wünsche.

Für dich gibt es kein Gestern und kein Morgen,

nur das Heute,

und du lebt dein Leben in vollen Zügen.

ミアは3歳。わたしの今一番の友達。

わたしは100m先に引っ越してしまってしょっちゅう会えないけれど。。。

春がきたら、

柵にまたがって乗馬ごっこをしたり、水遊びしようね!

ミアといるとき、わたしは何も考えなくていい。

ミアといるとき、不安も欲も何もわたしお追いかけてはこない。

ミアには昨日も明日もなくて、

ただ今日を

思いっきり生きているだけ。

"Anne-Kathrin & Atschi

 Euer Glück wird ewig dauern...." 14. Nov. 2020

 

Kathrin, ich dachte, dass du alleine auf dem Unabhängigkeitstrip lebst.

Ich war also überrascht, als ich hörte, dass du ein Atelier gefunden hattest, sogar einen Partner.

    Und ich lachte über meine Überzeugungen.

    Ja, du bist eine Frau, hast eine Geschmeidigkeit.

Und jetzt bin ich wirklich froh, dass du jetzt bei Atschi bist.

 

Kathrin, あなたはずっと一人でいることを楽しみながら、自立して生きていくんだと思っていたのに。。。

でも、あなたがアトリエと、そのうえパートナーまで見つけてしまったと聞いた時、わたしの驚いたことといったら。

    そして わたしは自分の思い込みを笑ってしまいました。

 そう、あなたはしなやかな女性なんです。

いま、あなたが Atschi と一緒にいることを、わたしは心から嬉しく思っています。

 

Janna Schimmel  "Less is More / 引き算の美学”  27. Nov. 2020 

 

Janna is a graphic designer, who also works with glass and is living in the Netherlands.

"Less is More" were the words she gave me, many years ago when no one was talking to me at Bild-werk yet. 

It's not that I didn't know the words, but it seemed like the first words I heard at that time.       

   Since then,       The words have lived in my head.

                            And the words appeal to my senses.

I meet her once a year, but the sense of distance between time and space still makes for us a good friendship.

 

Jannaはオランダに住むグラフィックデザイナーでありグラスアーティスト。

"Less is More" はずいぶん前、Bild-Werkでまだわたしに話しかけてくれる人がいなかった頃、彼女がわたしにくれた言葉。

わたしはその言葉を知らなかったわけではないけれど、その頃のわたしには初めて聞く言葉のように思えた。 

 それ以来、 その言葉はわたしの頭の中に住んでいて、

                       その言葉は私の五感に訴えます。

Jannaとは一年に一度会うだけだけれど、その時間と空間の距離感が今でも程よい私たちの友達関係を作ってくれる。

 

Pavlína & Pavel

"Jste oba dva dohromady v mých vzpomíkách. / わたしの記憶の中のふたり。"    10. Dec. 2020 

 

I met them 10 years ago.

They were a very beautiful and good pair.

They were still pure, but had a living will to make their dreams come true.

Someone whispered me, Pavel and Pavlina are called Paul and Paula in English.

Eh, really? !! !! Suddenly, a sweet melody began to flow in my heart.

   But it ’s not bad to turn sour....

 

I will never forget the time we spent when they were at their best together.

 

私が初めて彼らにあったのは10年前。

彼らはとても綺麗でお似合いのふたりでした。

彼らはまだまだ純粋で、でも夢を実現させるという強い意志を持っていました。

誰かがわたしにささやきます、彼らの名前は英語でPaul and Paula と言うんだよと。

えっ、本当?!!その途端わたしの中で甘いメロディーが流れ始めました。

   でも恋はクセモノ。。。

 

わたしは彼らが一番輝いていた時間をともに過ごせたことを忘れない。

 

"Gabi, Danke für alles.

 Ohne deine Hilfe hätte ich hier in Frauenau nicht überlebt.

 Nein, in sogar Deutschland."                     26. Dec. 2020 

 

"ありがとう Gabi、

あなたの助けがなかったらわたしは今、ここFrauenauには住んで

いなかったでしょう。 いいえ、ドイツには。"

Gabi, Du hast mir eine Wohnung mit einer schönen Aussicht und einen Holzofen besorgt, der meinen Geist und Körper gewärmt.

Du löstest viele Probleme, die ich hatte.

Wenn ich müde war,  hast Du mich in deinen Garten würde gelassen.

 

Und vor allem, mag ich dich, wenn Du im Gistl tanzt.

Ich habe aber das Gefühl, dass ich Dir often nicht zu nahe kommen soll.

Aber das war's.

 

Gabi, あなたはわたしのために眺めのいい、そして心も体も温めてくれる薪ストーブのある心地よい部屋を見つけてくれました。

あなたはわたしに起こる様々な問題を解決してくれました。

わたしが疲れたときには自由に庭でくつろがせてくれました。

 

そして何よりわたしがあなたを好きなのは、あなたがGistlで踊るとき。。。

ちょっと機嫌が悪そうで近づけない時もたまにあるけど、

それはそれ。

Andrea & Thomas Viebach 

“双宿双飛 / ein Paar, das nahe ist und nie geht."    12. Jan. 2021

 

Andrea, du als Glaskünstlerin, Thomas, du als Schöpfer von Pedilio 

und als ein Paar, respektieren sich gegenseitig, helfen sich gegenseitig und verwirklichen jeden Traum Schritt für Schritt. 

Ihr können sagen, dass es zum Leben ist.  

Aber ich fühle einen starken Willen von euch, das Leben, das euch gegeben wurde, ernsthaft zu überleben.  

Dennoch bewundere ich, wie reich euer Leben seid, wenn ich euch anschaue,

dass ihr gerne an den Wochenenden Konzerte geben und die saisonalen Segnungen aus euer Garten genießen.

Also Toast auf Andrea und Thomas!

 

Andrea, あなたはガラスアーティストとして、Thomas, あなたはPedilioの製作者として、

そして夫婦として、おたがいを尊重しあい、助け合い、それぞれの夢を一歩一歩着実に実現しています。

あなた方はそれは生きていくためと言うかもしれません。

でも私はそれ以上に、与えられた生を真摯に生きるという強い意志を感じます。

それでも週末にコンサートを開いたり、庭からの季節ごとの恵みを享受するあなた方を見ると、どれほど豊かな人生なんだと、賞賛せずにはいられません。

だから、AndreaとThomasに乾杯!

 

岩橋恵里 Eri Iwahashi 

”あなたがいるから/ Just because you are”    30. Jan. 2021

 

恵里、 あなたはしっかり者でガッツと決断力があって、私は強情で曖昧で優柔不断。

あなたは現実を見据え、私は現世に怯える。

あなたは曲線、私は直線。

真逆の二人なのに、どうしてそんなに打ち解けれるのかな?

美味しいものを一緒に食べるから? 一緒に旅行するから?

誰かの悪口を言えるから? 打明け話をできるから?

それとも日本の社会問題について話せるから?

私はあなたより年上なのに、いつもあなたを頼ってばかり。

....きっとあなたは喜怒哀楽を共にできる私の心友。

恵里、あなたが日本にいるという理由だけで、

私は9000kmも離れたドイツの隅っこで一人でやっていけます。

 

Eri, You are solid, Gutsy and decisive and I am wayward, vague and indecisive.

You look at reality and I’m scared of this world.

You have a curved figure and mine is straight.

Why can we open to each other so much even though we have the opposite characters?

Because we eat delicious food together?  Because we travel together?

Because we can call someone names?  Because we can reveal each other’s secrets? 

Or can we talk about Japanese social issues?

I am older than you, but I always rely on you.

....I’m sure you are my heart friend who can share emotions.

Eri,  Just because you are in Japan,

I can do it alone in a corner of Germany, 9000km away.

 

Sara Tse

「像小鹿一样的女孩/A girl like a Bambi/小鹿のような少女」 2. Feb. 2021

 

 

 

Sara, that was a journey to the future for you.

It’s been 23 years ago,

your host mom Eri and I saw you off at the train station late at night that you finished the ceramic workshop in Japan and will be returning to Hong Kong?

As a 19-years old student,

you were still like a friendly girl who was somehow dangerous. 

I remember you had short hair, and hot–pants on, and with too much luggage on your slender body.

Eri and I wondered if you could safely reach the airport. 

 

Shortly,

you made your debut as a ceramic artist with your own creative style. 

 

….. I am proud of your success ….

 

and you make me more happy,

that you have met a nice partner and are now a mom of two kids. 

After all, I know some of your pains and sadnesses so far. 

 

Still Sara,  

you are a green forever for me.

 

Sara、あれはあなたにとって未来への旅立ちだったんですね。

もう23年もまえのこと?

日本での陶芸ワークショップを終え、香港に帰るあなたを夜の駅でEriと見送ったのは。

19歳のあなたはまだ少女のように人懐っこくて、そして何か危なっかしげで。。。

ショートカットの髪にショートパンツを履いて、

その細い体に持ちきれないほどの荷物を持って、

無事に空港までたどり着くのかとEriと私をハラハラさせたことを覚えています。 

 

まもなく、

あなたは独自の制作スタイルで陶芸家デビュー、

そして、、、

私はあなたの成功をとても誇りに思います。

 

でも私をもっと喜ばせることは、

あなたが素敵なパートナーと巡り会い、今では二人の子供のお母さんであること。

だって私はこれまでのあなたの苦労や悲しみの一部を知っているから。

 

でもSara,

あなたは私にとって永遠に少女のままです。

川口栄子   Eiko Kawaguchi 

”地に足をつけて / Feet on the earth." 20. Feb. 2021

 

 

栄ちゃん、

何十年ぶりかにFBで再会したあなたは、その頃と同じように地に足をつけ、ご主人と一緒に働いていました。

そしてそこに書かれたTextからは、わたしにあなたの口ぶりや声のトーンを思いださせ、学生時代に引き戻されたようでした。

そしてそこに添えられた、あなたとご主人が育てた季節ごとの新鮮な野菜と果物の写真は、あなたのこれまでの喜怒哀楽をわたしに思わせます。

わたしは逃げ出したけれど、あなたは故郷の地に深く根ざしたんですね。

 

Eiko,

when I met you again on FB for the first time in decades,  you set your feet on the ground and work with your husband, as you did at that time.  

And the words on it reminded me of the way you speak sweetly and the tone of your voice, that brought me back to our happy schooldays.

And the pictures of seasonal fresh vegetables and fruits grown by you and your husband, that are attached to it makes me imagine your emotions afterwards.   

I've escaped, but you're deeply rooted in your hometown. 

Eiko-san, I respect you.

 

私の同胞に向けて...    To my compatriots...

"祈りそして哀切 / Prayer and Sorrow"    13. März. 2021

 

 

2011年3月11日

人は自然の摂理には抗えない。

その日、私はただ恐怖と混乱の中にある人々、死が迫ろうとしている人々に向かって無事を祈るしかなかった。

 

2011年3月12日

私たちがチェルノブイリでの惨事からの学びに真摯でなかったことを後悔した日。

為政者が国民を顧みず偽政者として醜い顔を見せ始めた日。

私はそこにいた人々の絶望と怒りに寄り添えているだろうか?

平和な未来に向かって共に戦えているだろうか?

 

March 11. 2011.      

One can not resist the providence of nature.

The day I had no choice but to pray for those in fear and chaos, those who were about to die. 

 

March 12. 2011.

The day we regretted not being serious about learning from the disaster at Chernobyl.

The day when the politician began to show an ugly face as a fake politician without regard to the people.

Am I close to the despair and anger of those who were there? 

Am I fighting with them for our peaceful future?

 

Birgit Sander 

“Du bist ein Spiegel, der mich widerspiegelt. / あなたは私の映し鏡 ”      30. März. 2021

 

 

Birgit, bist du seit zen Jahren meine enge Freundin in Deutschland und nur können sagen, was wir einander sagen wollen.

Wenn wir uns treffen, reden wir wie Künstler, wie Hausfrau, beim Frühstück, bei einem Spaziergang, oder an einem schönen Abend mit einem Glas Wein auf der Hof sitzen, über was passiert in der Glasszene, über aktuelle Status von gemeinsame Freunde und die Familie des anderen, und manchmal auch über unsere Zukunfts- und Umweltprobleme.

Das Quatschen mit dir befreit mich von etwas, das sich in mir ansammelt, wenn ich alleine in einem kleinen Dorf in Bayern lebe.

Oder es erinnern mich an etwas, das ich vielleicht vergessen habe.

 

.... Wir hatten eine kleine Lücke zwischen uns, aber ist es Zeit für uns, wieder zu reden?  

Übrigens habe ich die blaue Bank im Hof noch nicht repariert.

 

Birgit, あなたは私にとって10年来、ドイツでたった一人、言いたいことが言いあえる近しい友だち。

私たちが会えば、朝食を食べながら、散歩をしながら、気持ちのいい日には中庭に座ってワインを飲みながら、ガラスシーンで何が起こっているか、共通の友人や家族はどうしているか、時にはお互いの将来や環境問題に至るまで、アーティストのように、主婦のようにおしゃべりしますよね。

そのおしゃべりは、Bayernの小さな村で、一人で生活している私の中にたまった澱を解放してくれます。

それとも忘れてしまった何かを思い出させてくれます。

 

…. ちょっと私たちの間にブランクができてしまったけれど、再び話始める時がきたのかな? 

そういえば、私はまだ中庭のブルーのベンチを直していないよね。

 

チェルノブイリ救援・中部 1990 / The association to help Chernobyl 1990

信念・継続・信頼 / Belief・Continue・Trust”      26. April. 2021

 

 

1986年4月26日チェルノブイリ原発事故は起きた。

4年後、名古屋を中心として集まった有志は原発事故被災者のために寄付を募り救援活動を始めた。

私は1999年、初めて参加した現地へのスタディーツアーで彼らと被災者団体とのそれまでの間に築いてきた信頼関係を目の当たりにした。

その後その救援活動は被災地の人々の自立を目指すプロジェクトも並行して行われるようになった。

そして図らずもその経験は今、福島で生かされている。。。

彼らはどんな時でも善をもって知恵を出し合い渦中にいる人々のため行動することに苦を厭わない。

私は彼らと過ごした時間から良心に従い人の道を行くということを学びました。

拝。

 

April 26, 1986 The Chernobyl nuclear accident had happened.

Four years later, volunteers gathered mainly in Nagoya, Japan, collected donations for the victims of the nuclear accident and started rescue activities.

On my first Study tour to the disaster area in 1999, I witnessed a close relationship of trust that has been built through relief between them and the victims’ group. 

After that, their relief activities began to be carried out in parallel with projects aimed at the independence of the people in the disaster area.

And unexpectedly, that experience is now being put to good use in Fukushima....

They always are willing to act with goodness and use their wisdom for people in the midst of bad luck.

From the time I spent with them, I learned to act follow my good conscience as a man.

Thanks.

 

市原佳代 

柔靭 / supple and tough”      23. Mai. 2021

  

貴女は私にとって不思議な存在。

飾らなくても華があり、

たとえ怒っても他の人を不快にさせない。

貴女は毎日を丁寧に生きている。マイペースに。

たまに慌てることがあったとしても。 

貴女はきちんと目と耳を開いている。

社会のできごとに、家族の幸せのために。

そして行動している。弱い人のために。

私と同じくらい長く生きてきたのに、

たくさんの幸も不幸も味わったはずなのに。

あなたはいつも自然体。

流れに任せてあるがまま。

起こることには全て意味があると悟ってしまったのかな?

私はいつもこの世の現実から逃げ出すことを考えているのに。

 

そう、例えばあなたは白くてやさしい花をつけた辛夷かな? 

でも私はあなたが真紅の薔薇になるのを見てみたい。

 

Kayo, you are a little mysterious to me. 

You are bright even if you don’t dress up. 

And even if you get angry, you won’t displeasure others. 

You live in a polite and keep your pace every day.

Even when something panics you..

You open your eyes and ears,

and pay attention to social events and your family happiness. 

And you act for the weak in society.

You have lived as long as I have,

and you must have experienced a lot of happiness and sadness,

but you are always just being yourself. 

You leave yourself to the flow as you are. 

Did you realize that everything happens for a reason?

I always think of running away from the reality of the world.

 

Yes, you are a Kobushi magnolia with white and gentle flowers?

But I want to see you become a garnet rose.

 

Jana Jaksova  

"Du hast ein vergebendes Herz / 寛容な心"      30. Juni. 2021

 

Dies ist eine Geschichte meiner kleinen Reflexionen dank dein vergebendes Herz. 

Jetzt erscheinen mir die zehn Jahre, die ich bis zum vorletzten Jahr im Bild-Werk gelernt habe, wie eine ferne Erinnerung.

Die Sommer dort machen mir zwar Spaß, aber andererseits werde ich inmitten der vielen Menschen nervös und panisch.

Und ich denke jetzt , in denen ich nicht nett und schrecklich zu den Leuten war. 

Aber, Jana, ich möchte dir für deine Großzügigkeit danken. Dafür, dass du weißt, dass ich eine so egoistische Mensch bin, und trotzdem hast du mich nicht für meine Fehler getadelt, sondern leise ein paar Worte zu mir gesagt.

 

これはあなたの寛容な心に感謝する私の小さな反省の話。

さて、私にとって、おととしまでの10年間、Bild-Werkで学んだことが、今では遠い出来事のように思えています。

そこで過ごす私の夏は楽しくもあり、反面、多種多様な人の中で緊張してパニックになってしまったり。

そして今思うことは、そんな中、私は人にひどい態度をとったり、親切でなかったこと。

でも、Jana, 私があなたに感謝したいのは、あなたはそんなわがままな私を知っていても、私の非を咎めず、静かに言葉をかけてくれた あなたの寛容さにです。

 

大東豊彦    

「私たちの1975/ Go back to our 1975.」  31. July  2021

 

2015年、君から届いた弟さんの死を知らせる手紙に... 1975年、高校生だった私たちがVancouberで知り会って、そして翌年、君の住む京都で、今はその弟さんが眠るお寺界隈を一緒に散策したのを最後に、40年後、時が再び交差し、お互いに長い時間をどう過ごして来たのか、どう年齢を重ねてきたのかに あれこれと思いを巡らせてしまいました。

あの頃の君はおっとりとしていて、ご両親の期待を背負い医者になるべく勉強をしていたように記憶しているけれど、知らせには、その17歳だった君が、すでに医師として役職についていることが記され、それまでの道のりにあった君の歩いてきた世界、見た景色がどんな色に変化したのだろうと空想せずにはいられませんでた。

それを水端に... 同じ歳月を経る中、私は日本の騒々しさ、目に見えない不安から逃れてドイツの外れまで来てしまい、孤立することで心の静寂は得られたけれど、個の存在として意義があるのか? 周りを振り切ってきた私はどうなりたかったのか? 私はずっと何に支えられているのか? と振り返り、離れた環境の中で媒体を通してだけの日本を見、社会に異義を唱えるえるだけで、多くのことに向き合い切れず過ごしている自分に、大丈夫?と問いかけました。

君は今でも真面目だと思うから、これからも現場で医師として、また、父として息子としての責任を果たしていくのでしょうね。すごいな。 

 

   私にとって年をとることは未だに恐怖ですが、お互いが遠く離れ喜怒哀楽を経て晩秋を迎えた今だから、1975年の羽目を外した私たち+が ”さら”で、どんなに自由で恵まれていたのか、思い出がありありと目に浮かぶのです。

手紙、ありがとう。  感謝。 

 

藤原まゆめ  

 "一途に /single-minded "         20. September  2021

 

それは高校卒業以来、お互いほとんど会うこともなく長い空白があったからでしょうか。 

私が齢を重ねたのち遠い地に来たことで、私の周りで起こっていることをバイアスをかけずに、それとも俯瞰して見返ることができるようになったからでしょうか。

でも一等は、あなたが、小さな子供たちとのハプニングな毎日の遊びを応援して嬉しそうに、時には呆れて見守っている様子や、

彼らと同じくらいワクワク ドキドキして音楽や演劇を心から楽しんでいる姿をFBを通して見せてくれるからでしょう。

あなたと小さな人たちとの羨ましいほどのつながりは学生の時には知りようもなかったあなたの命に対する慈しみ、

生を静かに、でも全力で受け止めよう、全うしようとする決意を感じます。

そう、それがあなたの本質だったんだと素直に気づかされたんです。

周りに目を向け足元から関係性を築いていくのが大事なんだよ、と私は教えられているようです。

そんなこれまで、これからを続けていったらきっとあなたの夢、理想の幼稚園は実現に近づくんでしょうね。

 

10年以上前、確か3月?4月? コブシ並木を一緒に散歩しましたね。

何を話したかはほとんど忘れてしまったけれど、開き始めた白い花は夜空に映え、とても綺麗で心が揺さぶられたことを思い出します。

それでもあの時並んで歩いていながら、きっと私たちはそれぞれの道を思って歩いていたんだろうな。。。